投資】 【悩み】 【楽天

2009年06月05日

「養育費を回収するための給料差押え(強制執行)手続きキット」

「養育費を回収するための給料差押え(強制執行)手続きキット」



養育費の給料差押さえ(強制執行手続き)をする方法


あなたに『公正証書』 or 『調停調書』を使って、

自分で給料差押えをするための手続きキットを紹介いたします。



次にお話しする出来事は実際にあったものです。




「養育費の強制執行手続きなんて自分でできるわけがない・・・」

夏子さん(仮名)は、

離婚をするときに養育費の取り決めを調停調書でしていました。

金額は月5万円です。


離婚をしてから2年程度はたまに振込が遅れることはありましたが、

養育費の支払いは受けていました。


しかし…

離婚をしてから2年数か月経ったある月の養育費の支払い日に

ATMに行き通帳を確認すると養育費が支払われていませんでした。


そのときは夏子さんも

「また支払いが数日遅れるのかな?」と思う程度でした。

それから、2日経ちましたが、養育費の振込はされません。

1週間経っても振込はされていません。


夏子さんはこの時点で「もしかしたら…」

という気持ちになり、

子供たちの父親である元旦那へメールをしました。


しかし、返信はありません。


電話もしました。

しかし、電話には出ませんし掛け直してもきません。


夏子さんは頭の中が真っ白になりました。


なぜなら家計は決して余裕があるわけではなく、

養育費も大事な収入源の一つだったからです。



夏子さんはなにか養育費を支払ってもらう手段はないか

色々調べたところ、

調停調書で養育費の取り決めをしていれば

給料差し押さえなどの強制執行手続きができることが分かりました。


とはいえ、

調べても調べても自分でするのは複雑そうで

毎日の生活に追われながらの中で、中々前に進めないままでいました。


しかし、夏子さんもこのままではいけないと考え、

思い切って弁護士事務所へ相談に行ってみました。


そこで弁護士から言われた言葉は、


「強制執行をするなら着手金で10万円と成功したときは成功報酬で○○円(数十万円)が必要となります。」

という言葉だったのです。

夏子さんは着手金を支払うこともできませんでした。



そして、インターネットを使って調べている内に

今皆さんがご覧になっているこのページの

「自分で給料差押えをするための強制執行手続きキット」

を見つけたのです。


無料で手に入るものではなかったので、

夏子さんも迷ったのですが自分で手続きをするには

これを買うしかないと考えて思い切って購入しました。



〜 そして数ヶ月後 〜

夏子さんは無事自分でも手続きをすることができ

今では毎月給料天引きで養育費を受け取っています。


会社から直接支払いがされるので、

前みたいに養育費の支払い日が遅れることもなく

安心して生活を送っています。


前述のとおり、

夏子さん自身も購入するまでは相当に迷ったということです。


しかし、自分の状況を変えるためには

自分が行動するしかないということに気がついたのです。





あなたも夏子さんのように養育費の未払いで困っていませんか?

どのように行動をすれば良いのか不安を持っていませんか?

そんなあなたのために…

詳しくはこちら


「養育費を回収するための給料差押え(強制執行)手続きキット」








【今日の新着マニュアル】
NEWインフォカート
NEWインフォトップ
NEWインフォスタイル
NEWインフォストア




投資/お金儲け情報⇒公式サイト
副業/お金儲け情報⇒公式サイト


posted by テレビで話題 at 10:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資】 【悩み】 【楽天】 ・早漏克服・早漏改善マニュアルランキング

【1000円】東北地方太平洋沖地震義援金
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。